タッセル

アクセサリーなどでも最近よくみかけるタッセル。こちらも見よう見真似、いろんな方のブログなどを参考にさせていただきました。
凝ったものを作られている方も多く、うっとり眺めて楽しませていただきましたが、私はシンプルで他の道具を必要としないものを製作。

左ポリエステルミシン糸 絹ミシン糸 西陣帯端糸
002_20170322215259571.jpg
ミシンを買った際におまけでついてきたポリエステルのミシン糸
通常の縫い物に使うには毛羽立ちがひどく、弱いので使い道がなかったのですが、派手な色が逆にタッセルには向いているようです。すべりも悪いので作りやすいです。

西陣帯の端糸。10年前くらいに帯屋さんで袋詰めにされていたのを何かに使えると思って買ったもの。
003_2017032221530100c.jpg
しっとりと艶も風合いも良いですが、とにかく手荒れがひっかかるし、すべって作りにくかったです。
手袋で作業がいいのかも。
005_20170322215302065.jpg
2本同じように作って見ました。ピアスなどアクセサリーにしている人もいるようですねー

弱いので縫い物に使えずにいた古い絹ミシン糸
006_2017032221530479b.jpg
撚りが強く、張りがある感じ。
絹糸はスチームアイロンで癖が直るので、きれいに仕上がりました。
ただ、1本で1房しか出来ないので、糸を買って作るには生産効率悪そう。

ニット用の絹糸
001_20170322215258751.jpg
ニット用なので、毛羽立ちが多く綿糸ぽく見えてしまいます。でも作りやすい。

頭部分にビーズを通して、はさみにつけただけで、なんとなくアンティーク風。
007_20170322215256f0a.jpg

=総評=
手荒れ厳禁。
きれいな仕上がりになる素材は扱いにくく、作りにくい!
ケチらずに大束にしたほうが風合いが良い。

まだまだ糸がたくさんあるので、色々作って見ようと思います。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

加賀ゆびぬき

糸の整頓をしていて、色々手芸作品を作っていました。
PCデスクが作業台でしたので、2週間ほど、キーボードがモニタの上に鎮座してましたw

絹糸は手が荒れているとひっかかって作業になりません。
連日、ハンドクリームを塗って、手袋をして寝ていたのですが、10分もしないうちに脱いでる・・・

以前いただいた、古い絹糸、ミシン糸、手縫い糸、絹穴糸。
古い糸なので、強度が弱く、通常の縫い物には向かないので、ゆびぬきや、レース編みに使っています。

ある糸だけで作っているので、気に入った色あわせが出来ないのがつらいですが、在庫整理するために作っているのに、新しいものを買うわけにもいかず・・・

ネットで作り方を検索して見よう見真似で作ってみました。

手縫い糸で
006_2017032022435825e.jpg

002_20170320224353383.jpg

001_20170320224352ef3.jpg

絹穴糸で
003_20170320224355fb2.jpg

004_201703202243574ad.jpg

幅を太くして、出来上がりをつぶして帯留めに
007_201703202243492e1.jpg

針刺し
008_20170320224350906.jpg
ペットボトルのキャップを布で包み、派手になった帯揚げのちりめんに、羊毛綿をつめて、5弁にくくって、その外周をゆびぬきに。

それぞれ模様の名前もあるようです。参考にさせていただいたブログなどでも複雑な模様を作られている方もいました。
設計図的なものを作るようですが、どっちの糸が上になってとか考えてみたものの、オリジナルを作るには至っていません。

もったいぶらずに、使ってみたところ、白い糸はうす汚くなっちゃいましたが意外と実用的。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

東京都庭園美術館 七宝展

PCデスクが手芸の作業台となってしまい、ついついアップを先伸ばしてしまっていました。

3月4日に東京都庭園美術館の七宝展へ行ってきました。
010_201703202207238f3.jpg
七宝の作品も見事で見ごたえのある展示でしたが、建物がすばらしかったです。

旧浅香宮邸として昭和8年に竣工

004_20170320220719040.jpg
外見は意外とシンプル

ルネラリックのガラス扉
008_20170320220720dd7.jpg

エントランス床のモザイクタイル
009_2017032022072112c.jpg

中は残念ながら撮影禁止でした。
たいして知識のない私でもアールデコの各所に感じられる邸ですばらしい建物でした。

並河靖之の七宝は、バランスの計算された下絵とそのとおりの作品、つい息を止めて見入ってしまうほどの精密さで、見事でした。

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

Author:えどっこっこ
趣味 お城めぐり。手芸。陶芸。飲むこと。食べること。

検索フォーム
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
最新トラックバック